パパ活4コマ

私は、小学生の時から漫画家になるのが夢でした。

特に、中学生の時に読んだ「ハチミツとクローバー」のような恋愛漫画を描きたいと思うようになっていました。

家庭は裕福でないために、両親は高校卒業後には就職するのだと考えていたのを知っていた私は夢を叶えるためにアルバイトで100万円貯めました。

高校3年生の進路を決める時にその100万円と奨学金の利用で、両親に迷惑かけないことを条件に東京の専門学校に行くことを許してもらいました。

Yukai
申し遅れました。はじめまして、このサイトの運営者の漫画家のタマゴYukaiです。

東京での初めての一人暮らし、憧れの漫画家になるための専門学校、夢を膨らませ状況をしましたが現実は甘くありません。

専門学校での課題の提出、一人暮らしの生活費を稼ぐためのアルバイト。

専門学校での学生生活はあっという間に終わってしまいました。

 

アルバイトをしながら周囲に認められる漫画を描けるはずもなく、就職活動でも漫画家のアシスタントにはなれませんでした。

両親の反対を押して上京した私には、漫画家を諦めて普通の就職先を選ぶことはできません。なので、フリーターで漫画を描き続けることを選びました。

 

専門学校を卒業をして3年間は、アルバイトと家に帰って出版社への持ち込み原稿の作成に追われる毎日。奨学金の返済で生活は厳しく余裕はありません。

バイト先と家の往復では恋愛する時間もなく、妄想だけではいい恋愛漫画が描けるはずもないのです。

そこで、私は時間をかけずに生活費を稼ぐにはどうすればいいか考えるようになりました。

 

そんな、ある日高校時代の同級生がリッチな男性の愛人になっているのを知ったのです。

ちょうどその頃、雑誌やネットでパパ活が特集されていました。

私は、疑似恋愛もできてお金になるのなら、今の私にはちょうどいいと思いパパ探しをはじめました。

 

現在では、特定の男性に援助してもらいながら持ち込みの漫画を描いています。

アルバイトしながらではできないような、小さな読み切りの漫画の仕事を受けることができ満足です。

Yukai
お金に余裕ができて、生活の幅が広がったので、自分のマンガにも活かせるようになりました

ネットだから、人脈も美貌もない私でもパパを探せた

パパ探しできたわけ

友人からパパ活を知った私は、愛人契約をしてもらうために、パパを探す方法をネットや雑誌でいろいろと調べてみました。

そこで分かったことは、リッチな男性の愛人になっている人の多くは、夜のお仕事の人脈からだという事です。

また、何かのミスコンなどに出演経験があるような女性は、愛人クラブなどから探すという事です。

職業漫画家、見た目普通以下。そんな私には両方ともハードルが高すぎます(汗)。

私ができるパパ活は、出会い系サイトで探すことだとわかりました。

出会い系サイトには、あまりいい印象を持っていなかったのですが、飲み友達や趣味友達を見つけるために気軽に利用している人も多いんですね。

というわけで、私も気軽にパパ探ししちゃいました♪

Yukai
私にも簡単にできたので、誰でもできますよ

私が実際に使ったことのある、安心して利用できるサイトを紹介しますね。

パパ活に便利なサイトランキング

PCMAX

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

出会いのきっかけは一番多い

単純に登録している人だけでなく、活発に活動している人が多いです。

5分~10分の間に、全国から約300人の掲示板への書き込みがあります。

アクティブさが、他のサイトとは桁違いですね。

怪しい人に出会った時には、サイト管理者へ通報できる仕組みもあるので、出会いサイトが初めてという人も安心して利用できますよ。

ハッピーメール

利用者が多く、使いやすい

サイト開設から20年以上の老舗サイトという事もあって紳士的なパパは多くいますよ。

アバターがあるので、写真が嫌な人・中身で勝負したい人にはピッタリ。身バレ対策もしっかりできます。

24時間365日対応の安心サポートで、周囲には相談しにくいことも相談できます。

ワクワクメール

独自機能・「ご飯デート」が使える

ワクワクメールは、独自のマッチングに「ご飯デート」という機能があります。

とりあえず、ランチやお茶だけしたいという人たちが集まる場所なので、愛人契約、パパ活の相手探しにはとても使いやすいですよ。

男性がプロフィール閲覧無料なので、積極的に活動している男性が多いのも特徴です。

コンシェルジュサービスが24時間365日対応。電話・メールで対応してくれるので初心者でも安心です。

イククル

エロ度やや強め。年齢層若め

イククルは、登録者がやや若い人が多いせいか、若干エロが強めな特徴です。

中年のオジサンはイヤ!という人には使いやすいですね。

プロフィール欄が少しあっさり目という事もあって、メールでのやり取りが早くできます。

メールでパパの品定めをしたい方は、使いやすいですよ。

YYC(ワイワイシー)

さわやかなパパ探しに

アダルト専用掲示板がないのがYYCの特徴で、エロ度が他のサイトに比べるとやや低めです。

なので、デートだけというパパ探しには向いていますね。

大手mixiグループの運営なので安心して利用できます。

ただし、他のサイトに比べると、登録者数が3倍くらい少ないので、出会いの可能性も少なくなります。

 

サイト選びに迷ったらPCMAXとハッピーメール

サイト選びに悩んだら

パパ活目的だと、男性からめちゃくちゃたくさんメールが届くということはあまりありません。

なので、早くリッチな男性を見つけたいという人は、サイトの掛け持ちでスピードアップします。

2サイト以上登録しておくと、多くの人と出会えますよ。

その中でも、PCMAXとハッピーメールが登録数・活動している人数も多く、サポートが充実しています。

ハッピーメールの無料会員登録ページへ(R-18)

出会い系サイトが初めての人が気になることまとめました

出会い系サイトで気になること

出会い系サイト初めての利用は誰だって不安です。さらに、周囲に聞きにくいのでさらに不安になってしまいますね。

ここでは、出会い系利用初心者の方が、不安に思うような情報をまとめておきました。

出会い系サイトは初めてで怖いんだけど

ニュースなどでよく見る出会い系サイトでのトラブル。それで、悪い印象を持っているのではないでしょうか?

ニュースとして報道されるのは、ごくわずかなケースです。

実際、出会い系サイトで出会って結婚などハッピーな事も多くあります。しかし、ニュースになるのはごくわずかな悪いケースだけなのです。

自分自身が悪いケースにならないように予防することはできるので安心してください。

個人情報を登録するのに抵抗がある

サイトに登録した個人情報は、サイト運営会社しか知りえません。個人情報を登録するのは、例えば未成年の登録を防ぐなど、健全なサイト運営には必要なことです。

また、登録したメールアドレスもサイト運営会社からお相手に知られることはありません。登録IDでメールやsnsのアカウントが推察されないように、する必要はあります。

ストーカーや知らない男に付きまとわれるのがイヤ

出会い系サイトでサイト上のストーカーや付きまといは、ブロック機能などがあります。また、サイト運営会社に報告すると判断の上、退会処分などの対応をしてくれます。

サイト内でも住まいや個人が特定されないようにしていれば、そんなことはなかなかありません。

アプリとサイトどっちがいいの?

スマホアプリとサイトでの登録両方ありますよね。どちらを利用すればいいのか悩みますよね。その答えは、断然サイト利用がいいです。

アプリはアダルト利用ができない

アプリは、アダルト利用ができないようになっていますので、利用している人が少なくなっています。

アダルト目的でない場合でも利用している人が少なければ出会える確率は減ってしまいます。利用者が多い方を利用して、条件に合う人を探す方が効率がいいと言えます。

サイト利用は周囲にバレにくい

アプリで登録してしまうとアイコンがスマホ画面にありますよね。別ページにおいておくなど工夫はできますが、いたずらなどでみられてしまうと大変なことになりますよね。

サイトの場合だと、ブラウザ上なので利用しているかは、わかりにくいです。毎回ログアウトすれば利用しているのかわかりません。

Yukai
アプリのアイコンはちょっとしたきっかけで見られてしまいます。

愛人契約、お手当の金額相場は?タイプ別お手当のもらい方

お手当もらい方

様々な条件で変わるパパ活相場は変わってきます。今のパパ活は必ずしも体の関係にはならず、中には食事やデート、カラオケに付き合うだけでお金をもらっている子もいます。

うまく相手を見つけられれば普通に働くよりも効率よく稼げますし、内容によってはパパ活だけで生活ができちゃいます。

しかしこのパパ活、出会った相手によって左右されてしまう部分も多いです。不況の世の中を反映してか、男性がお金を出し渋る傾向にあり相場も不安定です。

中には体の関係まであるのに悲しいくらい安い金額でパパと会っている子もいて悲しくなります。今回はこれからパパ活を始めたいと思っている方にパパ活の大体の相場を知ってもらいたいと思います。

愛人の金額相場は4つのパターンで分かれる。

まずは愛人契約の相場について説明します。ここでは、ごく一般的な20代前半~後半の女性という前提でお話しします。

10代後半から20代後半女性が最もパパ活に積極的な年代ですからね。職業や容姿など色々考慮する部分はあるんですが、そこまで考慮すると何時間あっても話が終わらないので、ごく一般的な相場でお話しします。

大きく分けると次の4つになります。

  1. その都度払い・体の関係なし
  2. その都度払い・体の関係あり
  3. 月契約・体の関係なし
  4. 月契約・体の関係あり

その都度払い体の関係なし

まず、会うたびにお金をもらうその都度払いというもので、体の関係なしで食事やデートに付き合った場合は、1回あたり5000~20,000円です。

安いと思うかもしれませんが、このパターンは、食事をおごってもらったり、デートに付き合ってちょっと買い物したりというのがメインです。なので、お小遣いはおまけ程度に捉えておくほうがいいですね。

「女性と話せるだけでうれしい!」という男性がそんなにたくさんいるとは思えませんそのため、相場も比較的安めです。

その都度払い・体の関係あり

ホテルでデート、その都度お手当をもらうという、一番需要のあるパターンです。

男性にとっては都合が良く、女性にとっては都合を付けないといけない上に収入としては安定しないのですが、単価は割と高めで相場は2~4万円。(勿論ホテル代は男性もちです)

長所は拘束時間が短い所ですね。

月契約・体の関係なし

月に何回か呼ばれてデートやカラオケに付き合うパターンです。比較的高齢の男性に依頼されることが多いです。

相場は5~10万で、ざっくりと計算すると会う回数×1.5~2万くらいが多いですね。

このパターンも呼ばれると拘束時間はそれなりに長いのですが、カラオケや食事を月に数回するだけです。

恋人デート気分を演出してあげればプレゼントを買ってもらえることも多いです。積み重なると結構な金額になります。(ただしアクセサリーなどを買ってもらったらしばらくはデートで身に付けてくださいね)

金額的には安定し、精神的な負担も少ない、女性にとっては望ましいパパですが、なかなかこの条件でOKしてくれる男性がいないのがデメリットです。

月契約・体の関係あり

月数回、相手の都合に合わせてホテルデートです。月の金額が大きくなるので誰でも払えるわけではないので比較的収入の良い男性がメインです。

相場は10~15万くらいで会う回数によって変動しますが、会う回数×2~3万くらいでしょうか。その都度よりも安い気がしますが、毎回同じ相手と会うのでトラブルの心配が少ないことや、毎月決まった金額が入るので安定して稼げることなどメリットは多いです。

なお、30代の女性の場合は相手の男性の年齢にもよりますが、今回書いた相場から0.5~1万ほど下がる場合が多いようです。

男性が50代くらいになるとそれほど影響しません。30代の方でなるべく多くもらいたい、という方は50代以上のパパを探してみてはいかがでしょうか。

マンションの家賃や光熱費を払ってもらう。お小遣以外のケースも

今回はお金でのお手当相場を書いていますが、それ以外にも「マンションの一室を貸して(借りて)もらう」という契約の女性もいます。

これは例えばパパがマンションをもっていてその一室を借りる、という場合もありますし、単純にパパ名義でマンションを借りてそこに住まわせてもらう、といった場合があります。

家賃はもちろんですが、光熱費なども払ってくれるパパもいるようです。会社名義でパパが借りたマンションに住ませると、経費で落とせるので、男性側には都合がいいわけです。

家賃や光熱費というのは女性の一人暮らしにとって非常に大きな負担です。お手当のお金を充てるより最初から住むところをお手当にしてしまうというのは悪くないかもしれませんね。

振込?現金払い?気になるお手当の支払方法は?

気になるのがお金を受け取るタイミングと受け取り方ですね。月契約なら私は「毎月初め」にその月の分を「手渡し」でもらっています。

これにはちゃんとした理由があります。月初めにもらっておかないと、相手が関係を断ちたいと思ったときに最後の支払いをしてくれずに1か月分「ヤリ逃げ」される可能性があります。

また、相手が支払えない、と言い出す可能性もありますので、トラブルを避けるためにも月初めにいただきましょう。

手渡しがベターなのは税金対策です。というのも、毎月決まった金額が通帳に振り込まれると「定期収入」とみられてしまう可能性があります。

愛人契約で得たお金も当然収入なので、本来なら収入に応じた納税はしなければなりません。でも、そんな税金払いたくないですよね。

というわけで私は証拠の残らない手渡しがベストなんです。

とにかくお金が欲しい。高額で契約したいな時の3つの作戦

とにかくお金が欲しい

生活費に困っていて、とにかく太パパからたくさんお手当をもらいたいという人もいると思います。

お金重視で愛人契約したい人のコツをまとめました。

  1. パパを復数持つ
  2. 地方に遠征する
  3. 男性の無理目の条件を飲む

パパを復数持つ

1回のデートで高額のお小遣いをくれるパパを探すのは難しいです。なので、お金が欲しい場合は、復数のパパを持つことです。

復数の男性からお手当をもらうことで、急に一人とお別れすることになっても、収入が途絶えることはありません。ただ、難しい面もあるので、復数パパか単独パパかについては、こちらのページを参考にしてください。

復数と愛人契約はあり?パパかけもちのメリットを真剣に考えてみた

地方に遠征する

都会は出会いも多い反面、パパ活女性のライバルも多いです。それゆえ値段も下がりがちです。

ちょっと郊外に行けば、パパの人数は減りますが、ライバルも少なくなります。田舎にもお金持ちはいっぱいいるので、問題ありませんし、ネットなら日本全国でパパ活できます。

男性の無理目の条件を飲む

一言で言うと、パパのわがままを聞くということですね。ちょっと過激なプレイや、他の人には頼めないことも了解する。

抵抗はあるかもしれませんが、気に入ってもらうと、あなたはパパにとって欠かせない女性になるかもしれません。うまく線引きをして、お金のために割り切るという考えを持つならこういう作戦もありだと思います。

まとめ:相場はあくまでも相場。本人が苦しくない金額を要求すること

いかがでしょうか。

エッチがあるのかないのか、月極なのかその都度払いなのか、地域的な物価やあなたのスペックなど、色々合わせると、「愛人契約の金額相場はコレ」ということはなかなか言いづらいですね。

ただ、相場はあくまでも相場なので、参考にする程度でいいと思います。重要なのは、男性と一緒にいる時間が苦痛でないと思える金額をもらうということですね。

いくら高額をもらっても、デートのたびに胃が痛い、ストレスを感じるというのでは長続きしませんから。

 

愛人契約のルールやマナーをおさらい

愛人のルール・マナー

愛人契約とは、ほとんどの場合、既婚の男性と金銭を貰う代わりに定期的にデートをしたり、性的関係をもつという事を約束することです。

約束をする代わりに毎月一定額以上を保証してもらうものです。

ただし、実際に契約書を交わすことはありません。法的にも認められることではなく、当人同士の口約束という事になります。

愛人契約の基本的なルールやマナーとしては、男性の地位や立場が悪くなるようなことはしないこと、相手につくすという事です。

男性の奥さんが黙認するような資産家なら問題ないのですが、奥さんにはバレずに愛人契約をしたい男性を相手する場合には気を付けないといけないことがあります。

愛人契約のメリット・デメリット

メリット

・定期的にお手当がもらえるので安定している

・同年代では経験できないようなことが経験できる

・仕事をしなくても生活ができる

・人脈ができやすい

・同年代と比べてリッチな生活ができる

・お金を貯めやすくなったり・時間に余裕ができ、夢を叶えやすくなる

・相手が同じ人なので性病などの心配はない

デメリット

・簡単にお金を手に入れれるので金銭感覚がおかしくなる

・クリスマスなど恋人のイベントの時は一人の可能性が高い

・パートナーに後ろめたい気持ちになる

・お互いのパートナーにバレると大変なことになる

・普通の愛情では満足しなくなる

・いつ契約が終わるのか不安になる

 

パパ活とどう違う?

パパ活とは、デートや食事をして援助をしてくれるあしながおじさんを探すことです。

援助交際や愛人契約と違って、お金を貰って肉体関係をもつのではないので違法行為でもありません。

援交とは違うメリット、愛人契約には心の繋がりがある

もともと愛人契約は、資産家で本妻と離婚ができない状況に立場がおかれている人が、本当の恋愛を楽しむためにしていたものでした。最近では、金銭に余裕があり家庭は続けたいけれども別の女性とも定期的に楽しく過ごしたい男性も愛人契約をするようになってきました。

援交のようにエッチをしたい欲求を満たすものではなく、奥さん以外の一人の女性を愛したい欲求を満たすためだともいえます。割り切りなどと違い男性は、女性を大切に扱ってくれます。その愛情表現のために、マンションを用意してくれたり、生活費を出してくれるのも納得できますよね。

愛人契約って違法じゃないの?

まずは、未成年者の場合は当然違法になります。

稀ではありますが、どちらも未婚の場合は愛人契約は、違法ではありません。法的には交際相手に金銭を渡しているだけとなります。

どちらかが既婚者または両方とも既婚者の場合はと言いますと、一般に言う不倫関係という事になります。不倫は、違法ではありません。ただし、不倫は離婚の理由として認められるものです。そして、奥さんには多額の慰謝料を愛人に対して請求することができることを覚えておきましょう。

売春は不特定多数との金銭目的のために体の関係をもつことですからこれにもあたりません。18歳以上同士の愛人契約とは、違法ではありません。しかし、グレーゾーンであると言えます。愛人契約は、道義的に許されない行為であり、社会的に許されない行為であると言えます。

いいことばかりじゃない、愛人契約のデメリット

多くの場合、不倫行為にあたりますので、相手のパートナーにバレた場合、慰謝料を請求される場合があります。また、簡単にお金が手に入るために、金銭感覚がマヒしてしまいます。

そのために、仕事をすることが馬鹿らしくなり愛人契約でもらっているお金で生活をしてしまうようになります。そうなると、いつ捨てられるのかと不安になり精神が不安定になってしまいます。

男が愛人に欲しいと思う女性のタイプはこういう人

 

愛人契約をしようとする男性は、金銭的に余裕はあるのですがどちらかというと仕事が忙しく時間に余裕があまりない人が多いです。しかし、仕事でのストレスを家庭で解消することができず、愛人で解消したいと考えています。

愛人を探している男性は、30歳以上の会社の役員・経営者の人が多いです。年齢を重ねていることもあり、女性の扱いに慣れている人ばかりでとても紳士的です。

 

人生経験が豊富で話をしていても面白いですし、20代では行けないようなお店に連れて行ってくれるので社会勉強にもなります。ほとんどの男性は、ヤリたいだけではありません。稀にいることは否めませんが。

 

男性が愛人に求めているものは、「癒し」だと言えます。

 

わかりやすく項目に挙げてみると

  • 男性の都合に合わせれる女性
  • 秘密を守れる女性
  • 男性に依存せず、尽くしてくれる女性

上記のような女性だと言えます。

さらに、男性の好みの顔だったりスタイルだったりするとより可愛がってくれると言えますね。

Yukai
一緒にいて落ち着く雰囲気が重要です。

特にアピールするものがなくても、サイトならパパは見つかる

愛人には、顔や容姿がいい人しかなれないと思ってはいないでしょうか?そんなことは全くありません。なぜなら、中学のクラスで容姿が中の下くらいだったこの私でもなれたのですから。

先ほど言ったように、愛人を探している男性の多くは「癒し」を求めています。一言に癒しと言っても男性それぞれ違います。

例えば、若さゆえの無邪気さ・母親のような愛情・愚痴をだまって聞いてくれるなどそれぞれ違うのです。

出会い系サイトで愛人を探している男性は、いっぱいいるので今の自分で癒しを感じてくれる男性を見つければ簡単に愛人契約できますよ。

 

30歳未満の愛人契約・パパ活経験者50人にアンケート調査

このアンケートを取ってみたいと思ったのは、他の人は実際はどんな風なのかなと思ったのがきっかけです。

知ってしまうのは怖いけれど気になったのでインターネットのクラウドワークのアンケートを利用して調べてみることにしました。

インターネットのクラウドワークでのアンケートなので、愛人契約・パパ活をしつつも何らかの収入の欲しい愛人契約・パパ活で生活している人が答えているものになります。

TVなどで紹介されているすごい人、マンション・ベンツ貰ったなど、銀座のホステスから愛人契約みたいな方が答えてくれるようなアンケートではないのでご了承ください。

ただ、私くらいの人がどんな感じなのかなを調べたいのでちょうどいいなと思っています。特に、同じ年代の人がもらっている金額を知りたかったので30歳未満とさせてもらいました。

愛人契約・パパ活は20代に始めるべき

現在の年齢

Yukai
18歳・19歳で愛人・パパ活をしている人はやはり少ないですね。

若さだけなら完敗です。また、いっぱいいると私なんかパパが一気に減りそうです(汗)

割り切りとかの方が多いのかもしれないですね。

経験者は20代前半でする人がほとんど

パパ活始めた年齢

7割近くの人が20代前半でした。学生時代にしている人が多いのが印象的でした。やはり、若さがいいのと自由になる時間が多いので愛人契約・パパ活をするには学生がしやすいという事なのではないのでしょうか。私は、デビューとしては遅い方になるんですね。

約3割は25歳を過ぎての人もいました。そういう人は、20代前半は、年が近い人しか夜の相手として受け付けなかったのが年齢が離れていても気にならなくなったからなど、お金が必要なのもあるようですが、生理的に受け付けなかったのが「まぁ、いいか」と許せるようになった心境の変化が大きいようです。

きっかけで多いのはお金目的、次に失恋

次のような回答がありました。

  • 楽にお金が欲しかったのと、精神的に病んでいたのでもう色々どうでもよくなっていました。
  • お金が欲しかったのも1つの理由ですが、精神的に疲れていた時期に優しくされたからです。
  • 相手は離婚したばかり、私は長く付き合った彼氏と別れたばかりでお互い紛らわす相手が欲しかった。
  • 昔の彼が借金をした事を境に、私の貯金もなくなり借金をしたせいで働いても借金返済にとられてしまい生活が苦しかったから。
  • 居酒屋で友人と飲んでいた時に、横にいたサラリーマンの人に声をかけられて。気がついたらパパ活のようになっていた。
  • 彼氏と上手くいかなくなって寂しい思いをしている時に友人からの紹介で契約しました。
  • 友達が愛人契約をしていてかなりお金に余裕があったのでお金欲しさにやりました
  • 当時、都会で一人暮らしをしており、自分の給料では足りなくなり、お金が必要だったため。

 

やはり、一番多いのがお金の為だという事ですね。次に多いのは、彼氏と別れて精神的に不安になり誰かに頼りたかったようです。

 

愛人契約・パパを探すのはやはり出会い系サイト

出会った場所

やはり一番多いのが出会い系サイトということです。やはり、気軽に愛人・パパを探せるという事ではないでしょうか。周囲の目などを気にせず、時間もあまりかけずに探せると考えると一番効率がいいですもんね。

愛人契約・パパ活を辞める理由は結婚・彼氏

  • 彼氏ができたから
  • パパから関係を終わりにしようと言われました。
  • パパが病気をしたことを機に、私たちの関係は終わりました。
  • 私と彼氏の間で結婚の話が持ち上がり、プロポーズされたから。
  • 元々体の関係はなしということでスタートしたはずが段々体の関係が始まり気持ちがないのにするのがとても苦痛だった
  • 彼氏と同棲をきっかけに

やはり、愛人契約・パパ活を辞めるきっかけは、彼氏ができた・同棲・結婚という後ろめたい気持ちをなくすためが多いようですね。

人にもよりますが、彼氏がいないから彼氏の代わりに愛人契約・パパ活をしている人もいるみたいです。そういう人もいるんだぁとビックリしました。

愛人・パパの人数は、3人までが約半分

愛人・パパの関係になった人数を聞くと次のようになりました。

パパ活人数

1人が17%となっています。一度してみて、辞めたみたいですね。

辞めた理由は、やはり彼氏ができたからが多かったです。

次に同時に相手した愛人・パパの人数を聞きました。

同時にいたパパの人数

一番愛人・パパは1人という回答が3割以上でした。

やはり、複数パパは見つけるのも管理するのも大変だという事です。彼氏がいながら愛人・パパ活をしている人もいるので、彼氏にバレないようにするには1人でも大変だと思います。

なかには、20人以上という人もいました。その人は、同時に14人というすごい人でした。

どんなスケジュール管理をしているのか教えていただきたいですね。

 

愛人契約・パパ活でのトラブル回避

TVや雑誌でもパパ活は、取り上げられることが多いですよね。

そこで、パパ活を悪用する男性も増えてきたので警戒は必要です。

愛人契約・パパ活で巻き込まれてしまう可能性があるトラブルを集めました。

知っておけばトラブルにならないことも多いのでチェックしておいてください。

トラブルは、大きく分けて次の4つになります。

  • 身バレ・本名バレがトラブルの原因に
  • 密室でのトラブルで危険な目にならないように
  • 愛人・パパがストーカーに  パパによるホテル代・食事代などの詐欺 詳しく紹介していきます。

身バレ・本名バレがトラブルの原因に

多くのパパの場合、個人情報を事細かく知ろうとする人は、少ないです。

好きな食べ物だったり、好きなファッションなど趣味・嗜好の話なら問題はないのですが、住所や家族構成・勤め先や大学などを知ろうとするパパには、警戒が必要です。

特に、初めての顔合わせの時に「身分証明書を見せて」「お小遣いを振り込む口座を教えて」など要求してくる場合は、あやしいと思ってください。

本名がバレてしまうとSNSを見つけるなど非常に簡単になります。

そこから、家族や友人・勤め先にバラすなどで脅してくるなんて事にもなります。

特に、未成年の人がお金欲しさにパパ活を始めようと思い、不注意で本名を教えてしまうことにより脅され性的被害になってしまう事も多いです。

また、エッチな写真などを取られてしまうと、別れた腹いせにインターネットにアップロード(リベンジポルノ)されてしまう可能性があるので十分に注意が必要です。

密室でのトラブルで危険な目にならないように

パパの中には、人の目があるときには紳士的でも二人きりになると、豹変するといった人がいる場合もあります。

信頼関係が結べるまでは、警戒を解かないようにしてください。万が一のために、鞄の中に防犯ブザーを入れておくなどして最悪の事態に備えておく必要がありますよ。

興味本位でやってしまう、未成年の被害は多いのが問題になっています。

パパ・愛人との金銭トラブル

最近よく、ツイッターやネットで見るようになった被害が、パパが食事代やホテル代の支払いをせずに逃げるといった被害をよく目にするようになりました。

食事中にトイレに立ってそのまま、帰ってこない・ホテルで起きたらいなかったなどお手当を払わない以上に、支払をさせるようなケースも増えています。

そうならない為にも先にお金を貰っておくことやパパの時計・結婚指輪など預かるなど何らかの対策をしておきましょう。

パパがストーカーに

仕事で会うのを断るや無理矢理わかれたなど、パパがストーカーになる原因はいろいろとあります。

どんな人でもなってしまう事を考えておきましょう。

特に、パパ活をしていたなど警察に言いにくいのはパパも十分にわかっているのでその分ストーカーになりやすいともいえるのです。

ストーカーにさせないためにも、住所や勤務先は教えないようにしましょう。

まとめ パパとは会っている時だけの関係に

パパ活をする上で、プライベートは出さないことを心がけておきましょう。

パパと会っている時は、別人格くらいの演出をしてしまうのも一つの方法だといえます。

パパを喜ばせるキャラになりきるなんて言うのもいいのかもしれません。

パパ活は、援助交際とは違い肉体関係がないので法律的には問題ありません。そのことから、パパ活をする未成年も多いようですが、実際のところ未成年相手にパパをしている人は、体目的の男性が多く、トラブルも多いのが現状です。 性的な被害があると、そのことを周囲に知られないように泣き寝入りをすることが多く、そのことを狙っている男性が多いのも実状です。

パパ活と言ってライトな表現にはなっていますが、未成年の人はパパ活は絶対にしないようにしてください。パパ活は、自己責任が取れる成人になってからしてください。

更新日:

Copyright© 愛人契約コミックガイド。パパ活・愛人募集がマンガでわかる , 2017 AllRights Reserved.