パパ活ノウハウ

愛人募集に掲示板を使う時の3つのコツ。ちょっとの工夫でメール激増

更新日:

見てもらう掲示板

出会い系においてパパを探す際にはいろんなアプローチ方法がありますが、神パパやリッチな愛人男性に出会える可能性を上げるためには、掲示板に書き込みをして、募集をかけるのが一番です。

男性が募集をかけている掲示板だけでは、定期で会える女性を探している男性の書き込みを探すのが大変です。

また、プロフィール検索から探すにも、無数のプロフを見る必要があり、効率が悪いです。

だけど、興味を持ってもらえるように、掲示板に書かないと条件の良い男性からのメールは期待できませんよ。

というわけで、今回は神パパと出会える可能性を上げる掲示板の活用法と、反応が良い募集文の作り方について紹介します。

基本中の基本。掲示板は有名で運営者が分かるサイトを利用する

無料の掲示板サイト

掲示板の書き込みテクニックについて紹介する前に、まず、掲示板サイトの選び方について触れておきますね。

パートナー探しの掲示板は、次の条件が揃っていることが必須です。

  • サイトが有名であること
  • 掲示板の運営者が分かるサイトであること

「愛人募集 掲示場」で検索すれば、掲示板サイトはたくさん出てくると思いますが、そのほとんどが、知らないサイトですよね。

ひっそり隠れて運営されているサイトは、運営者が誰なのかもわかりません。

最悪、その運営者が掲示板の管理を放棄してしまえば、掲示板は無法地帯になります。

掲示板の書き込みを辿られて、脅迫メールなどが届く可能性もあります。

一方、出会い系サイトなどは、規模が大きくなれば本人認証が厳しく、会員登録などが面倒です。

その半面、運営会社がトラブルが起きないように見守ってくれているというメリットはあります。

なので、登録なしで無料で使える掲示板サイトは使わないのが身のためです。

下の3サイトが、女性に人気が高く、登録者数も多い掲示板サイトになります。

掲示板が利用できる人気の出会い系サイト(R18)
PCMAX 900万人  http://pcmax.jp/
ハッピーメール 800万人  http://happymail.co.jp/
ワクワクメール 600万人  http://550909.com/

ここでは、男性会員が最も活動的なPCMAXを例に紹介したいと思います。

男性からの反応率を上げる、掲示板書き込み3つのコツ

PCMAXのように巨大サイトになれば、女性の書き込みも多くなります。

1日に女性だけで2万件くらいの書き込みがあります。

その中からあなたの書き込みを見つけてもらうには、少々工夫が必要になりますね。

気をつけたいポイントは次の3つです。

  1. 書き込みのタイトルは解りやすく
  2. 自分の希望をはっきり伝える
  3. メッセージ数は無制限に

書き込みのタイトルは解りやすく

タイトルはわかりやすく

まず、掲示板に載せる文章はタイトルと本文に分かれます。

男性が女性掲示板を開くと、女性の募集がずらっと一覧表示されるわけですが、ここで表示されるのは女性の名前と募集タイトルのみです。

つまり、男性から見て一番最初に目が行くのがタイトルです。

実は、男性は女性の募集文を見るだけでもお金がかかります。

そのため、募集内容を推測しにくかったり、意味が分からないタイトルの募集は見ません。

タイトルで男性の興味を引かないと、募集文を見てすらもらえないのです。

だからこそタイトルは解りやすく、具体的に書く必要があります。

例を3つ出して比較してみますね。

1「見てください」

2「パパ募集中」

3「月数回会って助けてくれるパパ募集!お礼は要相談で!」

 

この3つのタイトルだとどれが男性の興味を引くでしょうか。

1は残念なかんじですね。

具体的なことが何一つ書かれていない上に、何を見てほしいのかが分かりません。

もちろん本文を見てください、という意味なのでしょうが、こういうタイトルの募集内容見る男性は多くありません。

2はそれなりに悪くはありません。

一応パパを募集していること自体は解るので、パパになりたい男性は見てくれるかもしれません。

ですが、それ以外の男性は見ませんよね。

パパ希望の男性に見てもらう、という目的は果たしているのでいいんですが、どうせならもう少し可能性を広げたいところです。

3はどうでしょうか。

より具体的に書いてあるので言葉に温かみがありますね。

女性らしさが出ていて男性の興味を引きそうじゃないですか?

また、「お礼は要相談で」と書くことによって「交渉の余地がある」と男性に思わせることができます。

男性の希望と女性の希望が100%マッチしていることなんて、ほぼありません。

かといって女性側の希望だけを押し通していたら、パパなんて絶対に見つからないですからね。

 

お互いに妥協というか交渉は必要です。

相談、と書くことによっていい意味で「隙」を作るのがポイントです。

相談の内容も気になりますし、出会い系でありがちな業者っぽくも見えない3のタイトルなら、きっと愛人希望の男性はもちろん、愛人やパパ希望ではない男性もとりあえず本文を開いてくれるでしょう。

自分の希望をはっきり伝える

パパの条件

タイトルで興味を引いたら、次は本文です。

本文を開いたら、男性はすべての文章に目を通してくれますので、気合を入れて書きましょう。主に書くポイントは次の4点です

  • 希望する回数と内容:月に何回会うのか、大人の関係(H)は有りか無しか
  • 希望しない内容:〇〇はだめです!とはっきり書きましょう。何曜日の何時はNG,みたいな内容を書くと良いです。
  • 相手に対する要望:50代以上は厳しい、タバコは吸わない方が良い、など
  • ざっくりとした条件:月2~3回会える人など

相手に対する要望はあまり多く書いてしまうと、条件にマッチする男性が極端に減ってしまうのと、男性から「わがままそうだな…」と思われてしまいます。

絶対に譲れない条件を1~2個だけ書くのがベストですね。

他の要望はメールが来てから選別しても良いですし。

条件に関しては、掲示板上では金額を書かないようにしましょう。

お金をはっきり書いて愛人契約することは、サイト側で禁止されています。

そのため金額を書くと募集文を消されたり、最悪アカウント登録を消されたりしてしまいます。

こちらのページでは、実際に掲示板へ書き込んで募集しているところまで紹介していますので、よかったら見てくださいね。

読みやすさを心がけるのも、好印象

また、適当なところで句読点(、。などの区切り)をいれたり、改行したり、できる限り文字数を減らす、なども意識してくださいね。

よく、携帯で文字を書く人にありがちですが、最初から最後まで改行がない人がいます。

読みにくい文章は読むだけで疲れてしまいますし、メンヘラや神経質そうな印象も与えてしまいます。

メッセージ数は無制限に。少しでも出会いの可能性を広げるため

メッセージは無制限

掲示板にパパ募集を載せるときに「男性からのメッセージを最大いくつ受信するか」という項目があります。

これは女性側の募集文に対して〇〇人までメッセージが送れますよ、という機能です。

要するに早い者勝ちの先着何名様まで、ということです。

女性の募集には1回で男性からのメールが殺到します。

魅力的な女性だったり、魅力的な募集内容だったりすればするほど増えます。

私ですら最高で1回の募集に22通メールが来たことがあります。(もっと多い方もいます。)

こんなにメールが来るとパニックになりますよね!

それを防止する機能がこの「受信制限」です。

ですが、この受信制限をあえて「無制限」にしてしまいましょう。

一見素晴らしい機能に見える受信制限ですが、これを例えば「最大5人」に設定してしまうと女性の募集を見た先着5人がメールを送ったら終了です。

もし6人目にイケメン神パパが募集を見てもメールが送れないのです。

制限すればするほど神パパに会える可能性が低くなりますので、たくさんメールが来て大変だとは思いますが、メールは無制限に受信しましょう。

おかしなメールは無視すればいいだけですからね。

たくさんの候補から絞れば絞るほどいいパパに会える可能性は高くなりますからね。

まとめ:読み手のことを考えて書くと、自然に印象がよくなる

掲示板へのかきこみは、読み手のことを考えることが大切です。不思議なもので、丁寧に書かれた文章は、人柄が良さそうに見えてきます。

情報量が少ない出会い系サイトだからこそ、不審に思われないことが、いい男性と巡り会えるコツだといえますね。

よく読まれているページ

見分ける 1

リッチなパパと愛人契約を結ぶためのちょっとしたコツを紹介します。 パパを見つけるには出会い系サイトが一番確実です。しかし出会い系サイトの男性の中には残念なことに当たりとはずれがあります。 当たりはもち ...

複数のパパ活 2

パパ活をしている方の中には一人だけではなく、複数のパパと愛人契約している方も多いです。 中には月1~2回のパパを5人以上、という方もいれば月3~4回のパパが2,3人、というツワモノもいるそうです。 こ ...

見てもらう掲示板 3

出会い系においてパパを探す際にはいろんなアプローチ方法がありますが、神パパやリッチな愛人男性に出会える可能性を上げるためには、掲示板に書き込みをして、募集をかけるのが一番です。 男性が募集をかけている ...

-パパ活ノウハウ
-

Copyright© 愛人契約コミックガイド。パパ活・愛人募集がマンガでわかる , 2017 AllRights Reserved.